第3回目の今回は3Dを活用している学校として、岩手県立黒沢尻工業高等学校 専攻科さんを紹介します。
写真 2016-04-14 12 48 58 写真 2016-04-14 15 51 21
専攻科は、工業系高等学校を卒業した生徒が、さらに2年間高度な知識・技能を身につける学科で、機械コースと電気コースがあります。ものづくりの現場で役立つ実践力を持った人材となり地元で活躍してもらおうと2007年に設置されました。専攻科を修了すると、県内企業においては、短期大学と同等の職種・待遇で採用されており、県内就職100%となっています。1年次は、5社以上の企業訪問、10日間のインターンシップ、2年次は、内定先企業にて4週間の企業実習を実施する等、多種の資格取得を含め、実践的な教育を実施されています。
img004
3D活用の取組みとして、3DCAD-SOLIDWORKS(ソリッドワークス)を保有しており、SOLIDWORKS認定試験である、CSWAの資格を生徒は卒業までに全員取得しており、機械コースの生徒は更に上のCSWPの資格取得まで取り組んでいます。また生徒だけではなく、先生も資格を取得しており、最高峰資格であるCSWEの資格を持っている先生もいらっしゃいます。
写真 2016-04-14 15 51 16 写真 2016-04-14 15 50 44
その取得した技術を活かして、卒業研究をする際には、SOLIDWORKSで設計して、干渉チェックや組み立て検証、さらには、モデル作成だけではなく、CAE(シミュレーション)として、構造解析やモーション解析なども行っています。そして、実際に加工して、組立て、実証まで取り組んでいます。卒業研究のテーマとして、3Dプリンタや3Dスキャナなどの製作をおこなっていて、私も実際に見学しましたが、非常に高度なレベルの取組みに感心させられました。
img293 img281 
写真 2016-04-14 15 50 49

3Dだけではなく、機械コースの場合は、機械加工である旋盤、フライス盤、NC旋盤や機械保全の技能検定2級の資格取得や技能五輪出場に向けた技能向上に取り組んでいます。電気コースでは、第三種電気主任技術者、第一種電気工事士や電気組み立て(シーケンス制御)、電気系保全の技能検定2級の資格取得などにも取り組んでいます。その他、様々な知識・技能を日々学び、とても優秀な学生が育っており、企業さんからは引く手あまたの状態です。
岩手県の技術・技能を継承し、ものづくり産業を支えるスペシャリストとなって、今後も地元で活躍していってほしいです。

今回紹介した、岩手県立黒沢尻工業高等学校 専攻科さんについて
【学校名】岩手県立黒沢尻工業高等学校
【学科】機械科、電気科、電子科、電子機械科、土木科、材料技術科、専攻科    
【教育目標】1.個性の伸長をはかる、2.真理の探究にはげむ、3.開発精神の高揚につとめる
      4.品位の向上につとめる、5.健康の増進につとめる
【所在地】 岩手県北上市村崎野24地割19番地
【電話番号】0197-66-4115
【FAX】0197-66-4117
【学校代表メールアドレス】kst-h@iwate-ed.jp
【ホームページ】http://www2.iwate-ed.jp/kst-h/

SOLIDWORKSの導入事例でも紹介をされています。

今回の紹介は以上になります。
今後も企業に限らず、学校の3Dに関する取組みも紹介していきますので、
どうぞよろしくお願いします。